成田市の整体院
手技療法室 縁

 

初めまして。
手技療法室 縁(えん)です。
様々な不調を抱えているあなたへ。
ご自身の身体を労わってはいかがですか?
及ばずながらお手伝いをさせていただきます。
 0476-33-6243
お問い合わせ

ブログ

2022-10-03 13:02:00

ギックリ腰2

ギックリ腰-min.jpg

 

ギックリ腰の第2弾となります。

 

さて、ギックリ腰なったらどうしたらよいか?こりゃ困った!

 

はじめにギックリ腰の定義として、

 

①なんらかの動作をしてから急に痛みがでたこと。

例えば「物を持ち上げた」「からだを急に捻った」「中腰から立ち上がった」「くしゃみをした」など。

つまり痛み出したきっかけがはっきりしていること。

あの時あれをやってからと言うことです。

 

②完全に安静にしていればさほど痛みは無く、動いた時だけ強く痛む。

 

③脚、足の方に痛みや痺れが出ていたり、力が入らないとか尿や便が急に出なくなったとかの異常がないこと。

これらの場合、ヘルニア等の他の疾患がある可能性があるため除外します。

 

①と②の状態をギックリ腰(急性腰痛症)と考えます。

 

そして痛みの程度ですが、動くとそれなりに痛むけどなんとか日常生活ならこなせる~ほとんど動くのがつらくて立ったり座ったり、寝返りも困難~全く動けない迄それぞれあると思います。

 

わたしが経験したひどいギックリは「ほとんど動くのがつらくて〇〇」でした。

ほんと2~3日は特に最悪。

まぁこれは炎症のピークがこれ位だからです。

 

全く動けない(わたしは我慢してなんとかトイレなどは行けました)のは経験ないですし、あいにくその様な方は見たことがないですね。

 

骨粗鬆症のある高齢者の方で重度の圧迫骨折や大腿部の骨折とか、重度の椎間板ヘルニアの方はいらっしゃいましたのでギックリ腰以上の問題の方達でした。

もぅトイレも困難で尿瓶、オムツレベルですね。

ですのでこれも除きます。

 

わたし位のレベルの方までを対象に書いて行きます。

 

では続きは第3弾にて……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024.04.16 Tuesday