成田市の整体院
手技療法室 縁

 

初めまして。
手技療法室 縁(えん)です。
様々な不調を抱えているあなたへ。
ご自身の身体を労わってはいかがですか?
及ばずながらお手伝いをさせていただきます。
 0476-33-6243
お問い合わせ

ブログ

2023-03-25 15:37:00

ファスティングとは?

ファスティング-min.jpg

 

 

ファスティングと聴いてすぐ理解出来た方はダイエットに興味がある方か健康意識が高い方(マニア)では?

早い話「断食」ですね。

 

断食というと何か苦行的な感じがしますが、ファスティングと言うとオシャレっぽく聞こえませんか?

ネーミングの効果ですよね。

 

昔は全国と言っても、少数ですけど断食道場と云われる施設やヨガ道場、医療施設、寺院などで病気回復の為やら健康法、精神修養などの目的で行われていました。

 

断食の効果で目的を叶えられた人もいらっしゃれば、逆に体調を崩された方や少数ながらも死亡事故が起きてしまった件もあったりで、なんといってもストイックな方法なのでどんどん下火になったようです。

 

ところが近年、ファスティングとしてライトな感じで蘇って来ましたね。

どちらかと言うと今はダイエット目的の方が多いのでしょうか?

 

わたしとしてはダイエット目的で行うのはあまり関心出来ませんが…。

結果としてダイエットになったというのであれば良いとは思いますが。

 

短期間で特別な方法を使ってというのはどうかな?と。

一回だけファスティングをやっても効果は薄いしリバウンドしやすくなったりですね。

 

王道はやはり普段の食生活や運動、生活習慣の見直し、改善から始めなくては…でしょう。

 

ファスティングは中肉以上の体型の方で定期的に消化器官を休め、身体のリフレッシュ&リセット効果を狙う為のショック療法としてはよろしいかと。

とは言っても実際、実行される方はほとんどいらっしゃらないでしょう?

 

自宅で行うには1日のみのファスティングでよろしいかと思います。

ただし思いつきで行うのはまずいのですよ。

 

準備期間~断食~回復食という段階を踏まないといけません。

1日のみの断食であれば本番の2~3日前位から食事量を減らし、アルコール類も止め本番に入り、回復食は消化の良い物を少量づつ食べ始めるなどです。

本番中は水分(水、白湯など)を摂取し、固形物は食べません。

 

酵素ドリンクを飲む方法が良く紹介されていますが、甘い味のドリンクなので空腹感を紛らわせるのには有効かも?です。

内容成分的には別段どうってことないですけどね。

 

まぁ、準備から始めゆっくり元に戻して行くなど、ちょっと面倒くさいです。

 

慣れて来ると自分でも3日位は出来るようにはなりますが、それ以上はご自宅では危険ですのでダメです。

 

断食中の体調不良を好転反応と紹介される向きもありますが、それは違うでしょう。

低血糖症状ですね。

断食を中断して緩やかに回復食に戻す必要があります。

 

ご興味があれば、情報が色々ありますので検索してみて下さい。

 

〈ファスティングが向かない方〉

 

●18才以下、70才以上の方

●服薬しているような持病のある方

●痩せている方

●貧血や冷え性の方

●摂食障害傾向のあった方

●精神的に不安定な方

●ストレスが強く溜まっている方

など

 

ちなみにわたしの断食経験は20才ちょっとの時、自宅で3日間やってみました。

とりあえず準備食から始め、本番に入ったんですが、いやいや…参りました。

 

断食に突入してすぐ食べ物のことばかり考えるようになってしまい、そればっかりです。

終わったら何が食べたいとかなんとか。

 

わたしも酵素ドリンクと水だけ飲んでましたがあまり空腹感というか欠乏感は満たされなかったですね。

なんとか体調を崩すことなく3日間をやり終え、回復食に戻して行ったんですが辛かった~。

 

20代で断食はちょっと酷でした。

 

その後、もう一度やってみましたが前回よりは多少慣れた感はあったので辛さは少しは減りました。

機会があれば断食道場などで1週間挑戦してみたいと思った時もあったんですが、その機会は訪れませんでした。

 

今、やってみる気はあるか?と問われましたら、全くやる気はありませんと答えます。

なぜならわたし、痩せ体型ですので。はい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2023-02-04 17:11:00

健診?&検診?

体調不良-min.jpg

 

 

健診(けんしん)、検診(けんしん)どちらも「けんしん」ですね。

違いがお分かりですか?

 

答えは簡単な話です。

健診 ← 一般的に会社や自治体などで行う健康診断。おおまかに健康状態を調べる検査。

検診 ← 特定の病気の有無を調べる検査。がん検診など。

 

日本人の大人の方でしたら多くの方が受けていらっしゃるでしょう。

職場や自治体で行われる健診。人間ドッグも健診ですね。

女性の為に乳がん検診とか子宮がん検診などありますよね。

 

普通の健康診断(健診)はざっくりで細かく調べる検査ではありませんし、人間ドッグ(1泊2日)といえども何でも分かる訳では決してありませんし、分かるのは検査項目の内容だけ、そして直近のことだけ、ということです。

 

ですから特に問題が見つからず、基準値内であっても「自分は大丈夫、健康だ」と高を括ることなく油断されないことです。

先週検査を受けて全く問題無かったのが今週、救急車で運ばれたなんて例はわりとあったりしますので。

血液検査などは基準値内で正常でも経年変化(1年、2年、3年前の検査結果を見て変化が無いか調べるのをお勧めします)をチエックしましょう。

 

わたしも勤務時代は健診は義務なので受けていましたが、今はもう全くです。

人間ドックは人生で未経験です。

ちなみにレントゲンは健診で行う胸の撮影以外経験がありません。

ケガをしたことも無いし、ぎっくり腰はやりましたが別に整形外科とか行きませんし、お陰さまで今迄のところ必要性がありませんでしたね。

CTも経験は無いですね。

 

胃のバリウム検査は52才の時初めて健診で受けました。

バリウム自体は飲みにくくは無かったですけど検査は不快。2度目は無いと思いました。

第一この検査自体意味ないですし。確か日本位しかやってないんじゃないでしょうか。

 

そして翌年53才の時、初めて胃の内視鏡検査。

緊張しました。やはり不快ですけど、こちらの検査の方が意味がありますからね。

この健診の時、初めて頸動脈エコーと血管年齢検査をオプションで受けてみて実年齢より10才若い血管と言われてちょっと嬉しかったですねぇ。

 

実はわたし子供の頃は腎臓病もやりましたし、風邪やインフルエンザなどにも罹りやすいし、乗り物酔いもしやすい貧血傾向もあったりして弱かったんです。

ですが高校生になった頃から悪い生活習慣を大分改め(不思議なことにそういう流れに自然となったんです)身体をちょっと鍛えたりしてわりと丈夫になったんです。

高校時代は殆ど風邪も引かず、体調を崩したのは風疹に罹ったでしたがほんと3日で治りました。

インフルエンザは中学3年の時が最後でそれ以降引いてないです、今のところ。

 

大人になってからもたまには熱がでることもありましたが、薬を飲まなくてもすぐ治ってましたね。

内科(自分の勤務先の病院でした)とか受診したのは帯状疱疹の時や感染性胃腸炎(細菌などが特定出来なかったんですけど)の時などですかね。

それ以外ではあまりお世話になることがなかったんですよ、有難いことに。

 

ところが昨年56才の時にですね、何故かお尻付近に出来物(腫瘤)が出来まして初めて形成外科を受診しまして、検査が必要と云われ人生初のMRIを受けました。じっとしているように指示され、しかもちょっと機械音が気になりましたし、結果のことも考えてしまい、もしかして「がん」だったらどうしよう?とか色々緊張しました。

結果的には特に変化が無ければ取り敢えず大丈夫ということでした。良かった~(とりあえず)。

 

わたし、今まで病院は働くところで受診する所では無いと思ってました、はい。

出来たらあまり縁を持ちたくないですね。

あ、しかし残念なことに歯が弱く歯医者さんには今迄~現在も結構お世話になっているんです。

 

皆さまもお大事に。

健診結果は気にし過ぎず、油断せずです…はい。

 

 

 

 

 

2023-02-02 17:59:00

サウナで”整う”

サウナ-min.jpg

 

 

ここ3~4年、サウナが人気になって来ているようですね。

特に若い世代の方や女性の人気も高まっているようで。

 

昭和や平成前半位のサウナイメージだと”おじさん”って感じですかね。吞んだあとサウナに入ってマッサージ受けてみたいな。

暫く前に歌手だった故、西城秀樹さんが脳梗塞になったときサウナ好きと云うことでちょっと印象が悪くなったこともあったような。

 

しかし実際はサウナ好きだったから脳梗塞になったような単純な話ではなく、ご本人は大分不摂生だったようですね。

ある説によるとサウナの効果は脳卒中のリスクを下げる場合もあるとか…です。たしかに血行促進作用がありますからね。

 

まぁ、なんといってもサウナの効果は”リフレッシュ効果” ”ストレス解消” まさに「ととのう」ですかね。

温泉などと一緒で、温まり発汗していると気持ちが落ち着きます。

ある種の「氣」の詰まりや滞りの緩和にも役立ちますよ。

上手に利用すると健康法の一つにもなりますね。

 

ただ気を付けなければならない点ももちろんありまして。

 

★飲酒後は避ける← 昭和風はよくないですね、脱水傾向になりますね、汗かいても酒は抜けませんよ。そんな気がするだけです。

★食後すぐ入る←消化に悪いです。

★心臓疾患のある方や高血圧の方は避けた方が良いですね。

★風邪などで体調が優れない時←発汗はけっこう体力を消耗しますので要注意です。

 

サウナは決して我慢大会ではないので(なんか昔のイメージみたいです)余り高温すぎるのは避け、長時間は入り続けない方がよろしいですね。

汗は薄っすらかくだけで十分効果がありますよ。

たしかに新陳代謝は上がりますがサウナだけでダイエットは無理(飲食や運動は大事でしょう)←ボクサーの減量みたいですね。

特別、デトックスになるわけでもないです(毒素が汗で抜けるみたいなイメージですかね?)

ちなみに現代医学的にはデトックスと云う言葉は存在しません。

 

まぁ、なんでも長所も短所もありますので賢明に有効活用されて頂きたいと願います。

 

じつは、わたしはサウナの経験が少ないんです。似たようなもので酵素風呂や岩盤浴の利用は多少しましたが。

ぜひサウナで”ととのう”ってみたいと思います。

 

 

 

 

2023-01-28 16:56:00

温泉天国”日本”

温泉-min.jpg

 

 

火山大国の日本。

危険性もありますけどそのお陰で(?)温泉大国でもありますねぇ。

四季それぞれに応じた温泉の魅力がありますが、寒い季節、温泉でほっこり温まれたらまさに天国気分ですね。

 

前回はお風呂(主に日常の家庭風呂)のリスク面など書きましたが、今回はお風呂の流れで温泉です。

 

昨今は街中にも”天然温泉”と記載されているスーパー銭湯なども増え、人気があるようですが…。

広くて色んな種類のお風呂もあって気持ち良いのでこれはこれで良いかも知れませんが、やはり娯楽施設ですかね。

 

山間などにある「源泉かけ流し」の温泉こそ、本来の温泉でしょう。

自然環境の中で心理的にも開放され、温泉成分(泉質)にも効果がみられます。

泉質によっても効能に違いがありますので目的に合った温泉に行くのも良いですし、湯に浸かるだけでなく、飲泉も出来たら尚良しです。

「氣」的にもこれらの作用は氣の詰まりや流れの改善効果があるとみられますね。

 

しかし有名どこの温泉街などで今は「循環ろ過方式」「塩素消毒」の温泉が増えたことは残念ですね。

「循環ろ過方式」は湯の噴出量が少ないなっている温泉には助かる点だったり、これを使用するには衛生上、保健所の指導で塩素消毒が必須になったり。「源泉かけ流し」の湯と比べると「温泉力」が落ちてますね。

スーパー銭湯”天然温泉”もこの方式になります。

 

その昔、農家の方などが繫茂期が過ぎて、時間が取れた時に「湯治」に行き、まさしく命の洗濯を行っていたのは素晴らしいですね。

何週間も温泉力の恩恵に預かる訳ですから。

現代では時間もお金もかかってしまい、なかなか出来ませんね。

わたしもこの頃は温泉に行ってませんが、以前は時折行きましたが通常は1泊2日、良くても2泊3日位でしたから。

せめて1週間位行けたらなぁ~と思いますね。

 

ちょっとしたリフレッシュでしたら短期間でもOKなんですが、健康回復、病気治療などに温泉力を生かすには短期間ではあまり効果がないんですよ。

湯治と云うのは一定期間、出来れば数週間とか1か月とか必要なんです。

住んでいる場所から離れ環境を変え、温泉力を堪能すれば元気になりそうな気がしませんか?

 

で問題なんですがこの一定期間必要というのは単純に長く続けるから効果がある、というだけでなく実は効果のある温泉ほど最初から長時間入ったり、1日に何回も入ったりすると逆に”湯あたり”して具合が悪くなることもあるからなんです。

 

登山の時、高山病にならないために徐々に身体を慣らしていくように温泉も始めのころは1日に1回から始め、何日か過ぎてから1日2~3回入るなど調整が必要とされています。

若くて元気な方は左程ダメージを受けにくいと思いますが年齢がいった方で持病などが有る方で治療目的の場合は特に日数をかけて行ったほうが安心です。

わたしが20代のころ病院勤務していた時の話なんですが、外来通院されていたご高齢の患者さんが温泉療養に行ったんですが、ちょと欲張って最初から温泉に入りすぎたらしいんです。

そうしたら逆に具合が悪くなり病院に救急車で運ばれたと。

湯あたりですね。

こんなこともありますので。

 

まぁ、わたしも1泊2日で温泉に行った時など、多少は元を取ろうという気持ちがあったりしますし、なにより気持ちが良いので食事前、就眠前、起床後など最低3回は入ってました。

温泉に入っている時は感じないんですが、温泉は家庭風呂以上に体力消耗するので当然疲れるんですよね。

 

でも温泉は魅力的です。日本の良さですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2023-01-21 17:00:00

お風呂の問題

お風呂-min.jpg

 

 

日本人は世界で一番お風呂(入浴)好きな民族と云われているようですね。

あなたはいかがですか?わたしはわりと好きな方です。

自宅風呂があり、街には温浴施設があり、温泉があり…。

今のような状況になったのはまだ歴史は浅いかもしれませんが風土的にも文化的にもマッチしているんでしょうね。

 

お風呂の効能は色々と語られていますし、お風呂嫌いの方でなければ体感されていらっしゃるでしょう。

なんといっても温熱効果による血行促進、筋肉の緊張緩和。

精神のリラックス効果ですよね。「ふぅー」って息を吐きたくなったりして。

頻繁に行うのはちょっとなんですけど、頭(思考)の整理をしたい時やストレスの溜まった時など熱すぎない温度のお湯に気持ちやや長め(それでも15分位迄)に浸かると自分を見つめるのに良かったりします。

 

あとちょっと小難しいですけど、浮力効果とか水圧による圧迫効果とか清浄作用(清潔)と云われますが上記の効果が一番納得です。

しかし言い換えればそれだけと言えばそれだけの効果とも言えます。

 

実際、湯舟に浸かるのは長湯は避け10分位迄で十分ですし(長湯好きの方には物足らないでしょう)、熱いお湯は身体に負担がかかりますし、清潔面でしたら別段シャワーでも十分ですから。

 

 

 

時と場合によっては注意しなければならないこともありますよ。

自宅内で死亡事故が多いのが浴室との統計があるようですから。

 

先ずは溺死事故。

これは気をつければ防げる可能性が高いと思われますが飲酒後の入浴で気持ちよくなって眠りこんでしまったり、疲労が溜まっていてやはり眠ってしまいそのまま溺れると。

特に飲酒後は入浴を避けるか、せめてシャワーで済ました方が良いかと。

 

次は聴いたことがあるかも知れませんが「ヒートショック」。

温度の高い部屋から移動し脱衣室が寒く、湯舟につかりまた温まるなど急激な温度変化による血圧の変動から来る心筋梗塞や脳卒中などの疾患です。

基礎疾患をお持ちの高齢者の方など要注意です。

脱衣室や浴室を温めて温度差を減らす、水を少し飲んで入浴する(脱水予防)など工夫された方が良いですね。

もし血圧計をお持ちで日頃測定しているなら上が160、下でしたら100を超えるようでしたら入浴は避けられた方が無難でしょう。

 

あとは危険性は無いですが食事の前後(特に食後)30分~60分は避けた方が消化の為には良いです。

 

湯冷めに関しては冬などの場合、入浴後寒い所にいたりしなければあまり問題ないです。

むしろ夏など入浴後、発汗してそれを冷房や扇風機などで冷やした方が湯冷めしやすいですね。

 

風邪などの場合ですが鼻や喉の症状のみでしたら、ご本人が入りたければ問題ないでしょう。微熱(37度位)がある場合は入浴は体力の消耗にもなりますので避けた方が無難かもです。

 

最後になりますが乾燥して皮膚が痒くなる方は湯舟に浸かる時間は長くても10分以内位で短めに、熱いお湯は避ける、ゴシゴシ洗わないなど。

人によってはシャワーのみでも大丈夫ですし、後は白色ワセリンなどで保湿です。

 

乾燥があまり気にならない方でもこれらの事は皮膚(肌)の老化に繋がりやすくなりますのでお気をつけを。

 

先にも述べましたが意外と入浴は体力を消耗しますので基礎疾患をお持ちのご高齢の方は冬場などは1~2日おきの入浴でも良いかも知れません。

 

寒い時期のお風呂は温まって気持ち良いですよね。気をつけて楽しみたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4
2023.03.31 Friday