成田市の整体院
手技療法室 縁

 

初めまして。
手技療法室 縁(えん)です。
様々な不調を抱えているあなたへ。
ご自身の身体を労わってはいかがですか?
及ばずながらお手伝いをさせていただきます。
 0476-33-6243
お問い合わせ

ブログ

2024-02-23 15:28:00

体質改善は出来る?

体質-min.jpg

 

 

体質改善ってわりと聞く言葉ですよね?

でも、はたして体質改善って出来るんでしょうか?

 

アレルギー体質とか太りやすい体質とか…一般的にはわりと体質って言葉が使われますが。

で体質とは?

 

基本的には「遺伝的要因と環境要因との相互作用で形成される総合的な性質」だそうで。

なんか難しいですね。

 

つまりは先天的(生まれつき)なもの+後天的なもの(生活習慣や生活環境、社会環境、時代的影響など)によって出来上がった身心の状態というところでしょうか。

 

体質改善をそれなりに出来るのはやはり後天的な面に対してでしょうね~。

先天的なものに対しては中々、難しいでしょうか。

 

とはいっても後天的な部分に対して改善策を実施して行くことによっても身体の調子を良くしたり疾患の発症リスクを下げたり、場合によっては先天的なものに対して多少なりとも好影響を与えられる可能性もあるかもしれませんので行う価値は十分にあるでしょう。

 

例えばお酒が飲めない、強いなどは生まれ持った要素(アルコール分解酵素の量)が強いと云われます。

だから全く下戸のままの人もいれば、アルコール分解酵素の量が少なくともお酒を呑んでることでそれなりに呑めるようになる人もいますね。

 

何となくこんな感じでしょうか??

ま、お酒を呑めるようになることが良いかどうかは別にしてw

 

ところで体質改善といっても個々によって状況や状態、環境が違いますので具体的なことは言えませんが基本的な点は生活習慣を変化させることになるでしょうね。

 

ちなみに現代医学的にはあまり体質という言葉は使われませんし、さほど重要視されないですが、東洋医学などは比較的、体質面を考慮することが多いですね

 

 

【遺伝】

 

先天的といえば遺伝といったところでしょうか。

難しい意味はさっぱりわかりませんが、普通に容姿や血液型、性格、食や嗜好品の好みなど両親、祖父母など近親者に似通るのは皆さん、ご理解されてることでしょう。

 

現代医学でも遺伝性疾患と云われるものは相当数あるようです。

 

おおざっぱに分けて

①後天的要因は殆ど無く、遺伝的要因が主たる疾患

あまり馴染が無いような疾患が多いようです。

 

②遺伝的要因+後天的要因が引き金になりやすい疾患

馴染がある疾患ですと高血圧、糖尿病、片頭痛、リウマチ、アルツハイマー型認知症…など。

 

もっとも死亡原因として多い癌は医学的には遺伝的要因は5~10%位で後は後天的要因が主とされているようです。

遺伝しやすいものとしては大腸癌、乳癌、泌尿器癌(前立腺、膀胱、腎臓など)、脳腫瘍などがあるとのことですね。

 

ただワタシの経験上ですが、医学的には云われてないような普通の腰痛や肩こり、関節痛(膝や股関節、肩など)も診断名はともかく近親者に似るケースが多いと思うんです。

癌だって部位は違えども癌になる人が多い家系だったり、脳血管障害や心疾患もそうではないですかね。

 

医学的(科学的)には遺伝と云う言葉が使われますが、ワタシとしましては「血のつながり」「家系的な影響」などと考えた方がしっくりくるような気がします。

それだけ体質や疾患も似通る場合があるということでね。

 

とはいってもあくまで確率論の話なので、家系的に多いからといっても皆が発症するわけでは無く、完全に遺伝性の高い疾患でなければ後天的要因を改善したりすることで大きく変わる訳ですので心配はいらないでしょう。

 

そして近親者や家系に多い体質や症状、疾患を情報として捉え、ご自身も確立的にはそういった要素を持ってる可能性があるとして対策を前もって取られることが賢明かなぁ~とワタシは考えます、はい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024-02-20 17:50:00

脚組は?

脚組の女性-min.jpg

 

 

脚組姿勢をすると「骨盤が~」「背骨が~」歪む~なんて云われたりすることがあるようなんですが…どうなんでしょ?

 

ま、確かにこの姿勢だけ切り取ってみると骨盤や背骨を捩じっていますので、歪んでしまいそうな気がしますが?

 

しかしちょっと脚を組んだ位で簡単に歪んだり捻じれたりなんてしないでしょ…とワタシは思いますが。

歪みがあるなら脚を組む以前に既に歪んだりしているのでは?

 

という訳でワタシ個人の見解としては別段、歪みがどうのという問題は気にしなくてはいいのではないかと、はい。

では何も問題無いかというとイヤイヤ。

 

まずはお行儀が悪いww.

 

は、別にしまして内臓や鼠径部の血管などを圧迫しますので、組むなら短時間で止めるようにしたほうがよろしいかと考えます。

それと同じ側の脚ばかり組むのでは無く交互にしたりですね。

 

それと脚を組むということは椅子やソファーなどに座っている場合が殆どですよね。

座っている姿勢そのものが大体、腰を丸くしやすいのでお腹や鼠径部、臀部などを圧迫するわけですので、その上脚を組むと余計に圧迫されますので、まぁご注意下さい。

 

また、今は世間では座りすぎに対しての健康リスクが取り沙汰されているようです。

 

”座りすぎは寿命を縮める可能性が~”なんて。

なんでも日本人は平均して1日の中でかなり座っている時間が長いと云われているようですが、寿命まではちょっとどうなの?とも思いますが…。

 

しかしなんにしても座りすぎは問題ありますでしょうね。

 

座りすぎの弊害としてよく云われるのが「下肢の筋肉が働かせない為、血流や基礎代謝が低下。その為、高血圧や糖尿病、心疾患、脳卒中などの生活習慣病や肥満、骨粗鬆症などの発症リスクを高める可能性がある。またメンタル面の不調を引き起こしやすくなったり、子供の認知の発達に影響を与えたり、高齢者の認知症リスクを高める」など。

 

他にも背もたれに腰を丸め寄りかかるようにして座ることで腰痛や頚、肩こりになりやすいなどと云われますね。

確かに長時間運転しているドライバーさんなど腰が悪い方多いですよね。

 

いやデスクワークの方や運転手さんなど心配になってしまう話です。

 

ではどうすればいいの?

ということでよく云われるのが「30分に1回位は立ち上がって少し歩くとか、座位で足首や足指を動かしましょう、日常の中で小まめに動きましょう、骨盤を立てるようにして座り直しましょう」などでしょうか。

 

普段からちょこちょこ動いたり、また運動不足を解消しましょう…というところでしょうかね。

 

では逆に立ちすぎはどうか?

これはこれで「頚や肩、腰、脚(股関節、膝関節など)を痛めやすい」「足がむくみやすい」「下肢静脈瘤になりやすい」「疲労がたまる」などなど…。

 

結局、「〇〇っぱなし」が問題なわけですね。

人間は動物ですからやはり固定した姿勢はキツイ、しんどいです。

 

とはいってもお仕事などで業種、業態によりそうそう自分の自由に行かない場合も多いですから、ほんとにおつかれ様です。

 

ちなみにワタシが今の仕事で唯一、恵まれているのは座ったり立ったり歩いたりが自由に出来ることだけです、はい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024-02-12 17:12:00

ツボ健康法はどう?

つぼマッサージ-min.jpg

 

 「ツボ」

わりと有名?なワードですが、何となくわかったような、わからないような。

今回はツボとは?ではなく「ツボ押しセルフ健康法」に関してです。

 

だいぶ以前から「〇〇の症状には◯◯のツボ」「このツボは〇〇に良い」なんて、一般向けの書籍やら健康雑誌に紹介されたりしてました。

今ではあんまり無いかな?

 

今でしたら、ブログ記事やyoutubeにも紹介されているものもありますかね。

 

で、どうなんでしょう?

ツボ押しセルフ健康法は役に立ちますでしょうか?

 

しかし押すにしたって、ほんとにツボにあたっているのかわからないでしょうし、またどの方向にどの位の角度で押せばいいのか?

どの位の圧で、どの位の時間行えば良いのか?あまり説明もされていないようですし、結局適当に押す感じになりませんかね。

 

結論を私見で申しますと、多少は有用な点はありますが大半は難しいのでは無いでしょうかね~?

教科書的にこのツボの適応症は「〇〇」「〇〇」…なんて書いてあっても、ただ押すだけで改善なんてことはちょっとね…残念。

 

とはいえこの健康法は危険性もありませんし、お金もかかりませんし、ご興味がある方はやってみるのも良いかも? です。

何かしら変化が見られたらラッキーですもんね。

 

最後に誤解無きよう申しあげますが、今回の記事は「ツボ」というものに対しての問題ではなく、又鍼灸施術など施術者が行うことに対しての問題でも無く、あくまでセルフ健康法に対しての内容です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024-02-06 14:46:00

五本指靴下はいかがですか?

五本指靴下-min.jpg

 

 

五本指靴下を愛用されている方はいかがですか?

指先が丸い靴下と比べて、何か違いを実感されています?

 

五本指の効果としてよく云われているのが以下のような点だそうです。

 

・足の汗の不快感や臭いの軽減・

・水虫対策(予防)

・足指が動きやすくなるので血流促進され冷え対策として

・歩行の改善

・スポーツなどのパフォーマンス向上

・外反母趾、内反小趾予防

…など。

 

いかがですか?

 

人によっては「良かった~」から「良くわからない」や「足が痛くなった」など感想はいろいろ。

「メリットがある」から「デメリットがある」など意見もそれぞれあるようですが、どちらかというと悪い側の意見の方がちょっと少ないでしょうか?

 

まぁ、このような物はなかなか白黒つけられないことが多いでしょうから、ご自身が一定期間試してみてどう感じるかで判断するしか無いのではないでしょうか。

 

しかしですねぇ、私見なんですが五本指靴下履いても普通に靴を履いたらあまり意味が無いような気がするのですが…。

靴の中では結局、どの靴下履いても一緒では?

指の動きが制限されますから。

 

下駄や草履などの鼻緒が付いた履物なら違うでしょうけどね。

 

ちなみにワタシも以前、半年間位五本指を履いていたことがあったんですが、残念ながら特に何かしらの効果を感じることは無かったですね~。

むしろ足の指を一本ずつ入れるのが面倒でストレスだらけ。

 

イヤになりましたので、もう履いていません。

 

あ、なんかネガティブな意見になってしまいスミマセン。

あくまで個人的感想なので…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024-02-03 16:53:00

赤ちゃん整体?

赤ちゃん-min.jpg

 

 

最近、赤ちゃん(乳幼児)整体というものを知りました。

産後間もない方でしたら、ひょっとしてご存じかも?

 

「ベビーマッサージ」などもありますが、これはお母さんがスキンシップの手段として役立ちそうですね。

基本、お母さんが行うことに意味がありますので、教室などに参加して習われるのも良いかも知れません。

 

母さんのストレス解消にも役立ち、お子さんとのコミュニケーションを図り、精神の安定や睡眠の改善や便秘などの改善にも有用だとか。

発育を促す作用もあるとか?ですがこれは結果がすぐにわかるものではないのでどうなんでしょう?

 

なかには資格を取ることを勧める講座があったりするようですが、いや、別に必要無いでしょう、この民間資格は。

 

また「マタニティマッサージ」というのもあります。

お腹が大きい時にマッサージをするわけですが、これはご主人が行うことに意義がありますね。

夫婦のコミュニケーションを深め、胎児にも好影響を与えると思います。

 

何らかの症状がある場合は、第三者の介入も必要でしょうが基本的にはお二人でどうぞ、です。

やはり肌のふれ合い、ぬくもりは大事ということでしょう。

 

さて整体なんですが、これ必要ですか?

第三者の介入ですから何らかの問題があるということでしょうけど…。

 

ベビーマッサージのように便秘や消化機能を高める、発育促進から頭の形(斜頭症、短頭症など)を矯正、向き癖、夜泣き、発達障害…など謳っている施術家の先生もおられるようですが…。

 

え~本当かなぁ?

 

赤ちゃんの大半は身体に歪みがあるとか、産後すぐに整体をした方がいい、お母さんも一緒に矯正を受けた方がいい~なんておっしゃる施術家先生もおられるとか。

 

う~ん?

 

効果や結果は個人差がありますので何とも言えませんが、斜頭症などに対応出来る施術家の先生も少数派ですがおられるとは思います。

が、それ以外で標ぼうされている方の多くはどうでしょうかねぇ?

 

わずかにセミナーに通っただけで臨床経験も殆ど無い場合が多いのではないでしょうか。

実際、乳幼児に練習出来る機会など、そうそうある訳ありませんからね。

 

練習する機会があまり無いまま、いきなりぶっつけ本番じゃ患者さんは怖いですよ~。

普通の大人の方を相手にするわけではないですから。

 

 

しかし、この整体業界も今までみたいに「腰痛だ~、肩こり、神経痛だ~」みたいな分野だけだと市場が狭くなってしまっているから、近年は「猫背やらO脚やら小顔」から

「ダイエット」など美容系やら「骨盤矯正」、「マタニティ」系の不妊、産後骨盤矯正、赤ちゃん系またはアトピーなども対象にしたりして凄いですね~。

 

もう何でもあり、みたいな。

悪く言えば無節操でしょうか?

 

例えば骨盤も大事な部位なのは間違いないでしょうけど、「骨盤矯正」なんてワードは日本の整体ビジネス業界特有でしょ。

骨盤だけどうにかすれば何とかなる、なんてことはそうそうないでしょ。

しかも骨盤矯正を謳いながら腰椎を矯正?したりしてる先生もいたりで。

 

産後骨盤矯正なんてどなたがブームを作ったのやら。

出産して半年以内に骨盤矯正しないと大変なことになる…なんて思い込んでいる方はいませんか?

 

骨盤が開いたまま閉じ無いとか、このままだと体型が戻らない、太ってしまう~とか?

腰痛や体調不良は骨盤の歪みが原因だから矯正しないと!なんてね。

 

しかし産後骨盤というワードが流行る前は誰も矯正なんて受けて無かったわけですよね。

産婦人科の先生からは骨盤が~なんて言われて無いでしょ。

 

産後暫くしても体調の問題がある場合は整体でもなんでも受けてみる選択肢はあり、でしょう。

産後骨盤などに関係無くですね。

 

また不妊整体はどうなんでしょ?

場合によっては施術を受けて体調が良くなり、妊娠の確立が高まるなんてことはあるかも知れません。

 

しかしこれ、不妊整体というネーミングはどうなんでしょうか?

 

さも、これを受ければ妊娠しやすくなるなんてイメージを持たせてしまうのでは?

そうなると誇大表現と指摘されるのではないかと。

 

不妊の場合、大半の方が不妊治療を受けられているでしょうから、妊娠した場合でもどちらが効果があったのかわかりません。

つまり整体単独でやらない限りほんとの効果はわかりませんが、不妊で悩んでいらっしゃる方は結果が伴えばどちらでも良いと、きっとお考えになるでしょう。

 

上手く妊娠出来れば施術家先生は整体の効果があった…と自慢げに思うかも?知れませんが、上手く行かなかった時はなんて言うのかなぁ?

返金制度を謳っている整体院さんもありますが、さすがに不妊整体ではそれは無理でしょうね。

 

このように色々とありますが、大半は市場拡大、ビジネス戦略でしょうね。

他院との差別化をはかり集患(客)をする…ということでしょう。

 

マタニティ系だと不妊系の場合はなんにしても上手く出産迄いければ、お母さんの産後矯正やら赤ちゃん系、ついでにお父さんやらご家族、ママ友までターゲットを狙えますし、赤ちゃん(乳幼児)系から始めた場合はお子さんが一人で通院するわけ無いので、お母さんやお父さん、ご家族、ママ友まで同じく取り囲もうと考えられますね。

 

もちろん、なんにしても良い方向に持っていけるなら何の問題もありませんが、出来もしないで煽っているだけなら誇大広告、煽り広告になってしまいます。

 

ま、確かにわれわれもビジネスなのは間違い無いですが、この辺は注意したいところですね、

 

ところで産婦人科の先生や、産婦人科の看護師さんやら助産師さんなどからしたら、このようなマタニティ系整体ってどう思われるんでしょう?

ぜひ、聴いてみたい気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
2024.03.01 Friday