成田市の整体院
手技療法室 縁

 

初めまして。
手技療法室 縁(えん)です。
様々な不調を抱えているあなたへ。
ご自身の身体を労わってはいかがですか?
及ばずながらお手伝いをさせていただきます。
 0476-33-6243
お問い合わせ

ブログ

2022-12-13 11:22:00

占い考1

占い-min.jpg

 

 

年末近くになると書店には新年の暦本や占い本が置かれ、動画でも新年の占いがUPされていますね。

ご覧になっている方いらっしゃるでしょうね?

 

やはり一定数の方は興味を持っていらっしゃるということなんでしょう。

反対に全く興味が無い、くだらないと思われる方はそれ以上に多いでしょうけど。

 

実はわたし、10代後半から20代前半の数年間でしょうか、占い(運命学?)に興味を持ち東洋や西洋の占いを少しばかり自分で覚えたりして、手相なんかはわりと好きで何人もの人の手相を拝見させて頂いたこともありました。

 

自分でいうのも何ですが少しはセンスがあった方だと思います。

 

わたしがどうして占いに興味を持ったかというと、なんか自分の人生は、ぱっとしていないんじゃか?

どんな運命なんだ?

どうすりゃ良くなるんだ。俺は変われるんだ?

みたいに思ってまして占いで何かわかるかな?と思ったのがきっかけでした。

 

色々と占いで自分を調べていると面白いですねぇ、納得出来る点もあればそうでない点もありますけど。

幾つかの占い手法を組み合わせると多面的に自分を見ている感じがするんです。

 

1つの占いだと1面的になりやすいんです。

性格や特徴や才能、能力や人生の流れなどなど、「へぇー」と嬉しくなったり「え?やだなぁ」とがっかりしたり。

 

とまぁ、こんな感じで興味を持っていたんですが、その後はあまり興味がなくなりました。

で先に結論なんですが”占い”は遊びとして楽しむとか、参考意見程度として聞く位がちょうど良いです。

 

実際、どーでもいいような内容が多いですし、未来なんかはっきりしたことは分かりません。

未来は不確定要素に満ちていますので。

 

まぁ、占いは予測なので中には当たる場合もあるでしょうけど、当らないことはもっと多いですね。

ですからゲーム感覚で楽しむ位がいいと思います。

 

”溺れる者は藁をもつかむ”じゃないですが占いは深刻な問題や重要案件には向かないですよ。

 

ごく一部の方で頼り切ったり、依存したり、はまりすぎの方がいっらしゃるかも知れませんがご注意です。

 

~次回に続きます~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024.03.01 Friday