成田市の整体院
手技療法室 縁

 

初めまして。
手技療法室 縁(えん)です。
様々な不調を抱えているあなたへ。
ご自身の身体を労わってはいかがですか?
及ばずながらお手伝いをさせていただきます。
 0476-33-6243
お問い合わせ

ブログ

2023-08-14 17:23:00

ニンニクや生姜はスタミナフード!?(生姜編)

ニンニク生姜-min.jpg

 

 

ニンニク編に続きまして生姜編となります。

生姜と言いますと、ニンニクと比べると、どうもインパクトがちょっと弱いような気がしますが、いかがでしょうか?

 

何となく身体を温めて冷え性に良さげな、みたいな印象でしょうか?

しかし以外とニンニクと共通する効能もあるようですし、薬味にも使えますし便利な食材のようです。

 

食べても臭いませんし、ニンニクより糖質も少ないですよ。

 

【生姜の効能】

 ・抗炎症作用(少量ずつ食べ続けることで炎症性の痛みを緩和させる可能性があるとのこと)

・抗酸化作用・抗菌作用・消化促進 

・胃もたれ、吐き気を抑える。

・片頭痛予防・口臭予防・糖尿病のリスク軽減

・妊娠期のつわり予防、軽減(少量の生姜で生姜湯やスープに入れて食べる)

・血行促進(スープ、煮込み料理に入れて加熱した状態で摂取する。または蒸して乾燥させた生姜を使用する)

・夏バテ対策(生の生姜を摂取)

・ある種の癌を抑制させる可能性など…。

 

けっこう効能がありますねぇ。

ニンニクと共通する効能もあります。

 

まぁ、しかしニンニク編でも書きましたが皆が同じ効果が出るわけではありませんし、どれだけどの位食べたらどうなる?なんてわかりませんので、ひょっとしたら効果があるかも?位に考えておいた方が良いですよ。

 

ニンニクも同じですが、美味しく食べるのが基本ですから。

 

あ、それから生姜と言えば冷え性対策(血行促進)で有名?ですが生生姜では無く、加熱や蒸して乾燥した生姜を少量、継続して摂取する必要があるとのことです。

 

生生姜に含まれている「ジンゲロール」という成分が過熱(スープや煮込み料理に入れたり)されることで「ショウガオール」という成分に変化するそうでこの成分が血行促進させ冷え性対策になるとのことです。

 

生生姜自体では一時的に身体を温め発汗させ、逆に体温を下げるので冷え性対策にならずに、むしろ夏場に向きます。

 

残念ながら、わたしは加熱した生姜はあまり食べていませんし、継続した摂取は全くしたことがありませんので、どのような感じになるのかはわかりません。

経験者の方に教えて頂きたいです。

 

【生姜の注意点】

 

 ニンニクとの共通点と言えば、生姜も食べ過ぎに注意!と云われています。

あまり食べ過ぎってピンとこないかもしれませんが平均的に一般成人で1日に10グラム迄が目安と云われます。

 

生生姜だとスライス6枚位、すりおろした生姜だと小さじ1杯位が目安だそうです。

 

食べ過ぎによるリスクとしては、

・腹痛、下痢など(胃腸の弱い方、普段は大丈夫でも胃腸が弱っている時)

・胸焼け

・動機

などと云われます。

そしてニンニク同様、食物アレルギーを引き起こす場合もあります。

 

また以下の方は生姜の摂取量にはお気をつけ下さい。

 

 ①妊娠中の方:少量の生姜を生姜湯やスープなどで摂取するのはつわりの予防などに役立つようですが、取りすぎは胎児に影響を与えるリスクが有り得るとのことです。

ご心配の方は産婦人科医にご相談を。

 

②乾燥肌、皮膚炎、肌荒れしやすい方:通常に摂取している分には問題ありませんが、やはり食べ過ぎがることが多いと症状に悪影響が出るリスクもあるのでお気をつけ下さい。

 

③胆石を持っている方

 

④寝付きが悪い方

 

⑤身体が火照る方

など。

 

生姜はニンニクよりは刺激も少ないので週何回摂取しても、それほど負担は少ないようですが1日の摂取量には注意したいですね。

つまり逆に言えば、生姜の効能を得るためには少量を継続して取るということです。

 

最後に記事のタイトル「ニンニクや生姜はスタミナフード!?」の個人的見解ですが、答えはそれだけ食べても駄目でしょう。

全体的に食生活を整えた上で、ニンニクや生姜などの効能が高そうな食材を上手に取り入れていけば、効果が感じられる可能性があるかも知れませんね。

 

【余談】

以前のことですが、知人から生姜エキスのサプリが「凄くいい、飲んで間もなく身体が温かくなった気がした」と話を聞き、勧められたので、まぁ取り敢えずということで1瓶ほど飲んでみました。

 

結果は、う~ん?でしたね。意味ない気が…。

 

ニンニク系のサプリも試したことがありますが、やはりう~ん?でした。

 

原物があるなら普通に食べた方が美味しいし、それで十分だと思います。

 

今でも美容系などのクリニックで行っているようですが「ニンニク注射」というものがありまして。

だいぶ以前かな、アスリートがこの注射を打っていることで話題になったことがあるんですがどうなんでしょう?

 

別にニンニク成分そのものが入っている訳ではなく、ビタミンB郡(特にB1)が主成分の注射ですね。

このビタミンはニンニクに含まれていますので、疲労回復などに良いという触れ込みです。

 

ダイレクトに血液中に注入するわけですから吸収は良いわけですけど。

ちなみにもちろん保険適応外なので1本2~3000円位が相場でしょうか。

 

しかし、それ必要ですか?ってことでw。

わたしは口から摂取した方が良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024.03.01 Friday