成田市の整体院
手技療法室 縁

 

初めまして。
手技療法室 縁(えん)です。
様々な不調を抱えているあなたへ。
ご自身の身体を労わってはいかがですか?
及ばずながらお手伝いをさせていただきます。
 0476-33-6243
お問い合わせ

ブログ

2023-11-22 16:55:00

ダイエット考3

ダイエット3-min.jpg

 

 

ダイエット考3、最終回となります。

 

【メディカルダイエット?】

 

これご存じでしたか?

わたしはよく知りませんでした、体験者の話も聞いたことがありませんし。

 

医師の元で行うダイエット…といっても美容系クリニックでの自費メニュー。

 

・無理な食事制限無し。

・無理な運動も必要なし。

・リバウンドもしにくい。

・部分痩せも…などの謳い文句でなにかいい事ずくめで理想的な気がしちゃいますよね~。

 

内服薬や注射や医療用痩身機器などを使ったりと、なんか凄そうです。

 

ここ1年位は糖尿病治療薬を使ったGLP-1ダイエットと呼ばれている方法がSNSなどで話題になったそうですね。

血糖値の上昇を抑制したり、食欲を抑えたりする作用があるということで数ヶ月~1年位の期間継続して薬を飲むか。自己注射行うとか。

 

美容クリニックにより料金はまちまちらしいですが、物凄く高い訳でもなく、オンライン診療でも処方される気軽さがうけたのでしょうか?

 

SNS上でも効果があったという投稿やら副作用がつらいなどの投稿がありますね。

 

実際、日本医師会をはじめ、各方面からもGLP-1ダイエットの健康リスクへの注意勧告がされています。

糖尿病患者への臨床試験はあっても、痩身目的の試験は無いので結果どうなるかは不明と云うことです。

 

また美容目的で処方されてしまうと薬不足も懸念され、必要とする糖尿病患者に行き渡らなくなるので控えるように…とも云われているようですね。

 

これらはどうなんでしょうか?

 

薬を飲んでいるからといって食べ過ぎや飲み過ぎてよいわけでも無いようですし、肥満体重の方には、はっきりとした減量効果がみられても普通体重の方には思ったほどの減量効果がみられないという意見もあるようです。

 

何より心配なのは副作用などの健康被害が出ることです。

短期間の摂取で副作用が出るのは、もちろん問題ですが一定期間摂取後はどうなのか?などわかりませんし。

 

流行りものに手を出す時は慎重に、用心深くですね。

 

【やっぱり王道は】

 

身も蓋も無いので「やれやれ~」になってしまうでしょうが、食事やら運動やら睡眠やらの基本的な改善でしょう。

「それが出来れば苦労しないよ」と言われそうですけど。

 

【飲食】

 

まずダイエットに一番重要なのは運動より飲食です。

 

何を食べたり飲んだりするか(何を避けるか)、どれ位の量を摂取するか?ですね。

当たり前過ぎてつまらない話ですか、でも基本ですから仕方ないです、すみません。

 

油断出来ないのは食事以外の飲食でしょうか。

間食やつい口に入れてつまんでしまう行為。

 

清涼飲料水は下手な固形物以上に糖分やカロリーが高いので飲み物は注意ですね。

糖質Off、カロリーOffといっても大丈夫と思わないで下さい、水やお茶類でしたら大丈夫ですけど。

 

【運動】

 

脂肪の燃焼や減量には有酸素運動です。

 

心拍数がちょっと上がるような有酸素運動を20分以上(軽めのウオーキングなら30分以上)出来れば理想ですが、なかなか時間も取れないでしょう。

 

ですから普段の生活の中で、例えば通勤など仕事で歩く機会があるなら少し早めに歩くとかちょっと距離を伸ばして歩くとか、エスカレーターやエレベーターを使わず階段を歩くとか…工夫して日常が運動になるようにしていただければと。

 

ちょっとした運動でも積み重ねると何時しか効果が見られるようですよ。

普通の有酸素運動を週4~5回など趣味で出来る方は良いのですが、なかなかねぇ、難しいですもんね。

ですから日常生活を運動に変えてみませんか。

 

では筋トレは?

というと基礎代謝を上げ痩せ易い体質に変え、またボディメイクには欠かせません。

つまり理想?の体型を作るわけですね。

 

という訳でダイエットには有酸素も筋トレも両方やるのがベストということでした。

 

【睡眠】

 

健康面だけでは無く、ダイエットにも睡眠を7時間位はしっかり摂るのは重要です。

良い睡眠を摂ることで脂肪を分解させる働きもある成長ホルモンや食欲を正常化させるグレリン、レプチンなどのホルモンが分泌されやすくなるとのことです。

 

睡眠不足などは食べ過ぎなどのリスクを高めるとも云われますので規則正しい生活は大事なことでしょう。

 

【ストレス対策】

 

人によってはストレスが溜まってくると食べることで解消を図ってしまうタイプの方もいらっしゃるでしょうし、急に無理なダイエットを行うとストレスが溜まりダイエットが続かなくなることも多いと思われます。

 

場合によってはストレスで食欲低下になり不健康な痩せ方になってしまうケースもありますがこれも大変な問題です。

やはり身心両面から向き合って行かないと健康も美容も上手くいかないものですね。

 

以上、各項目に対して詳細は書きませんが、どんなダイエット法を取り入れようが薬剤を取り入れようが基本的な王道は外せない無いのではないでしょうか。

地味に地道に時間をかけるのは大事でしょう。

 

焦りは禁物ですね。

成功を祈ります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024.03.01 Friday